浦和レッズ優勝おめでとう! やったぜ!

浦和レッズACL優勝!

2017年11月25日、浦和レッズが二度目のアジアチャンピオン!素晴らしい!
全体の流れは、この公式youtubeが一番わかると思う。

SAITAMA, JAPAN – NOVEMBER 25: Captain Yuki Abe of Urawa Red Diamonds lifts the AFC Champions League trophy at the award ceremony during the AFC Champions League Final second leg match between Urawa Red Diamonds and Al-Hilal at Saitama Stadium on November 25, 2017 in Saitama, Japan. (Photo by Etsuo Hara/Getty Images)

AFCチャンピオンズリーグ2017決勝第2戦が25日に行われ、浦和レッズとアル・ヒラルが対戦した。
19日に敵地サウジアラビアで行なわれた決勝第1戦は1-1のドロー決着。浦和がアウェイゴールを記録したため、仮に0-0でもアジア制覇が決定する。
浦和は決勝第1戦と同じメンバーで臨む。GKは西川周作。最終ラインは右から遠藤航、阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥の並び。中盤のアンカーに青木拓矢が入り、インサイドハーフに柏木陽介と長澤和輝。前線は武藤雄樹、ラファエル・シルバ、興梠慎三の3人となった。
開始1分、相手の連携ミスを突いた長澤和輝がファーストシュートを放つ。対するアル・ヒラルは25分、高い位置でボールを奪うとサレム・アルダウサリがダブルタッチから右足を振り抜く。このシュートは枠のわずかに上へと外れた。前半はスコアレスで折り返す。
後半は得点が必要なアル・ヒラルが攻勢を強めるも、チーム全員の集中した守りでゴールを許さない。74分には宇賀神に代えて出場停止明けのマウリシオを投入する。78分、アル・ヒラルはアルダウサリがこの日2枚目の警告で退場処分に。浦和が数的優位の状況になる。すると試合終了間際の88分、武藤のパスにラファエル・シルバが反応。鋭いシュートがゴールに突き刺さり、浦和が待望の先制点を奪った。
決勝第2戦は1-0で終了。この結果、浦和が2試合合計2-1で2007年以来10年ぶり2回目となるACL優勝を達成した。浦和は来月6日からUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップ2017にアジア代表として出場する。
【スコア】
浦和レッズ 1-0(2試合合計2-1)アル・ヒラル
【得点者】
1-0 88分 ラファエル・シルバ(浦和)

これこそ、堂々の優勝!。いろいろ言いたいこともあるが、今日くらいはレッズの優勝だけを書こう。



1.最高のスタジアム

浦和のホーム。ホームを最高の状態に持って行ったサポーターには頭が下がる。これほどのスタジアムをクラブチームが作ることが素晴らしい。選手には勇気と力を与えたことであろう。

2.選手スタッフみんなでWe are Diamonds

Jリーグ発足当初、お荷物球団と揶揄され、常に最下位争いを繰り広げていた。発足時に各球団がサポートソングを作ったのだが、レッズはロット・スチュアートの「SAILING」に歌詞を変えたものを採用した。当時独自に歌を作らなかった球団はほとんどなく、評論家たちからは「歌も作らないなんて、やる気がないから負けるんだ」と言われたものだ。
それが、この動画を見てほしい。未だに歌っている球団がいくつあるのか?それも選手・スタッフも合わせて。実に美しい光景だ。
皆が知っているミュージックに歌詞を載せているから、皆で歌えるのだ。

3.ラファエル・シルバの涙

先ほどのWe are Diamondsも外国人選手も一緒に歌っていたが、今回の決勝点を決めたラファエル・シルバの涙を忘れてはならない。サポーターが選手らに力を与え、傷ついた体を奮い立たせた。日本人選手だけではなく、外国人選手も力を振り絞ったからこそ勝てたのだ。それを感じさせるインタビュー。ぜひじっくり見てほしい

浦和レッズ優勝!頑張れ浦和レッズ!
クラブワールドカップでの検討を期待している。しかし怪我はしないでほしい。
体を張って、ゴールを死守する姿は、またしてもキャプテンを思い出しました。ありがとう浦和レッズ。