日本テレビ郡司恭子さんのゴルフスイング 本当に素晴らしい

郡司恭子さんのゴルフスイングを真似しよう。

以前、郡司恭子さんのスイングがいいなぁ、と書きました(ゴルフのお手本 日テレアナウンサー郡司恭子さん)。

やっぱり、いいんですよ。かなりいいです。ぜひ参考にしてほしいと思います。
本格的にゴルフをされてきただけあって、基本通りのスイングで実に参考になります。
その思いを込めて再掲載です。前回と重複する点もありますが、ご了承下さい。



一番のポイントはバックスイング

季節もだんだんよくなってきて、ゴルフのシーズンでもあるし、下手だろうがなんだろうが、ゴルフが身近になってきました。

いざゴルフ練習場へ行き、軽く体をほぐし、スイングの前にyoutubeを視聴。
いやー郡司さんかわいいな。美人だよなぁ。
ちがうちがう、見るのはスイングだ。体育会ゴルフ部で鍛えられたゴルフスイングだ。

この人のスイングを見てから打つと、体がきれいに回転しボールのミートが高いように思います。
なんでだろう?とふと考えてみます。

ポイントはバックスイングなんだろうと気が付きました。

ポイントは、右手です。
以前も同様に書きましたが、右手がきれいな岡持ち風になっています。
さらに大袈裟に言うと、右肘よりも右手の先(手首)が体の後ろ側にまで回っている感じです。

おそらくなんですが、このバックスイングがきれいにできている時は、右肘が体の近くを通過してクラブヘッドがストレートに走る。また同時にミートする瞬間に右肘も伸びてパワーがうまく伝わる。のだと思います。

力を入れずともボールが伸びていくのがよくわかります。ミート率も上がってきます。これなんだよな…と実感ができます。




問題はこのスイングをモノにできるか?という点ですね。
何しろ、こちらはおっさん。若いころは少しの練習でモノになったでしょうが、今はできているそばから下手に進化する始末。

20年のゴルフブランク。五十肩を発症して以来、痛いままの右肩。たまに痛むアキレス腱炎。どれをとっても、上手くなる方向はありません。

特に、郡司恭子さんのこのスイングには、右肩の五十肩が最大の障害になりそうです。

しかし、ゴルフは自分との闘いでもあります。郡司恭子さんの笑顔を励みに、練習に向かう。それが今の私のとってもゴルフ道になりそうです。

最後にもう一度、youtube動画を張って了とさせていただきます。どうぞ、動画とともにスイングをご参考になさってみてください。上達の第一歩だと思いますよ。