ゴルフのお手本 日テレアナウンサー郡司恭子さん

慶應義塾大学ゴルフ部出身 郡司恭子さん

たまたまネットを見ていたら、日本テレビのアナウンサーである郡司恭子さんのゴルフスイング動画をみる機会がありました。
実に奇麗なフォームです。
お手本にしたい!と勝手な想いで、今回メモしてみました(以下日テレHPからの抜粋です)。

郡司恭子さん


奇麗な方です。本当に奇麗な方です。アナウンサーになるくらいですから、当然かもしれません。

それでいて、慶應義塾大学体育会ゴルフ部出身という本格派。細い体型でありながら、ゴルフも本気で頑張ってきたのですね。プロフィールにはホールインワンも経験あるとの記載あり。
体の不調と戦うことが前提のオッサンゴルファーからすると、眩しいばかりの美貌と経歴と腕前…。です。



スイングを見てみよう

実際のスイングを見てください。
実にきれいなスイング。無駄のないスムーズな動きです。

いかがですか。
スイングフォームもスムーズ。本当に美人ですし、笑顔も素敵です。思わず見とれてしまいます。

いやいや、見てほしいのはゴルフスイングです。ついつい顔を見てしまいますが、気を付けましょう。

郡司恭子さんのスイングのよいところは、プロと違って早くないので確認したいポイントをしっかり確認できるということです。

またフォームも鍛え上げたプロと違い、一般人でも真似しやすいと思います。という観点でスイングを見てみたいと思います。



バックスイングの奇麗さ


真似したいポイントは、このバックスイング。

肩がしっかり回転していて、左肘は曲げずにまっすぐ。お手本のようなバックスイングではないでしょうか。

もう一つのポイントは右手の使い方です。右脇を基本的に締めて開けない。右ひじを立てて完璧な岡持ち体制。

体全体も中心から回転させるようにしており、重心が左右にぶれてもいない。本当にお手本のようです。
いやはや素晴らしい。



フォローも充分


スムーズに振り切ってフォロースイングも完璧。
実にきれいなフィニッシュです。

以前も、サッカーの中田のフォームを参考にする宣言(ゴルフ初心者 中田英寿のフォームで上手くなる所存)したりと、プロ以外の方のスイングも参考にしたりしてきました。

なんだかんだ言いながら、結局勝手流なスイングに戻っては、誰かのスイングを参考に修正して、を繰り返している感じですね。まぁだから下手なんでしょうけど。

しかし、この郡司恭子さんのスイングは、とても参考になりそうです。前述しましたが、スイングが比較的ゆっくり大きいため、見て非常に参考になります。ましてや本当に美人で、見ているだけでニヤニヤしてしまいます。
郡司恭子さんを師匠として、練習に励みたいと思います。

無料のYouTubeで見れるとうのは、本当にありがたいですね。スマホ片手にゴルフ練習場でも見ながら練習が可能です。
スイングにお悩みの方は、ぜひご参考にしてほしいスイングです。