大谷翔平という選手

化け物か?
という表現がぴったりくる選手。それが大谷翔平という選手ですね。化け物と言いつつ、健やかなルックスとともに人気も急上昇中です。
現在(2018年4月16日)のバッティング成績は
打率3割6分7厘(30打数11安打) 打点11  ホームラン3
これだけでも充分にすごすぎる…。このままシーズン終わりまで行ってほしいものです。

期待を込めて、大谷翔平選手の少しほっこりする動画を少し集めてみました。軽い気持ちで楽しんでみてください。



第一号ホームラン

大谷選手の人気を一気に押し上げたのは、この動画ではないでしょうか。

新人選手が初ホームランを打った場合に行ういたずら「サイレントトリートメント」の洗礼を大谷選手は受けてしまいます。
メジャーリーグ特有のもので、ほとんど全ての選手がいたずらされるようです。しかし、これをされるということは、チームとして歓迎の証でもあり、チームメイトになった証拠でもあります。

動画を見ていただけば、ご理解いただけると思いますが、ホームランでベンチに喜んで帰った大谷選手を待ち受けたのは、選手たちの冷たい態度。
もう少し、悲しい表情を出してからチームメイトもお祝いしようとしていたと思います。

しかし大谷翔平が「ねぇねぇ、僕のホームラン見たでしょ、ねぇねぇ!」という感じで一人の選手に抱きつきます。選手もお祝いしたいのを堪えているわけですから、思わず笑顔で応じてしまったのです。

あれほど「ねぇねぇ」と来られたら、そりゃ思わず笑顔で応じてしまいますよね。メジャーの一因として認められ、チームメイトに真に受け入れられた瞬間だと思います。



サイヤング賞投手からのホームラン

一本目のホームランが、人間大谷翔平の魅力を引き出したものだとすれば、次のホームランは野球人大谷翔平の選手としての能力を見せつけた一発です。

このホームランの価値は、同じメジャーの先輩ダルビッシュのブログから見れば一目瞭然ですね。

(略)
って書いてたら大谷がまたホームラン!

しかも神様クルーバーから。

俺なんかクルーバーの球一生当たらんのやろなぁ。。

本当にすごい男です。



そして伝説に…

そしてその勢いのまま、3試合連続ホームランを打ってしまう大谷選手。
いやはや、野球の神様がついているとしか思えないような、漫画のような世界です。

このホームランは飛距離がすごかった。球場の最深部まで飛び、打者大谷翔平が長距離砲であることを示した一発だったのです。

現地の皆さんからしても
1本目 なんか可愛い奴だなぁ。
2本目 おいおい、このピッチャーから打つのか!
3本目 こんなに飛ぶのかよ!
と、評価がよい方向に変わっていったという感じです。ぜひバッター大谷翔平でも成功を収めてほしいものです。



投げても大谷翔平

さてさて、もう一つはピッチャー大谷翔平ですね。
いうことはあまりありません。
防御率2.08 2試合先発で2勝  奪三振18
うち、2試合目の先発で12奪三振…。本当におそろしい選手です。
衝撃の12奪三振をどうぞ。

本当に、漫画かよ!と突っ込みたいような選手です。

本当に信じられない…。

最後にちょっといい話を。

敵チームのファンの少年に、ボールにサインをしている最中にバットを要望された大谷選手
サインボールを渡しながら「あげねーよ」と笑顔で応えます。
しかし…くわしくはこれまた動画でどうぞ。

いやはや、本当にすごい男です。
がんばれ!大谷翔平!