アイアンの練習をしよう!


前回より、中田英寿のスイングを師匠に、スイングを見直して練習に入ったことを書きました。
やるぞ!と気合を入れて、アイアンの練習に力を入れています。
アイアンは前傾姿勢で打つので、ある程度バックスイングでクラブが上に上がっって良いのだ。と意識を新たにしての練習です。気合を入れるのはいいのですが、どうも力が入ってしまっているようです…。



下手だからなのか?

下手。と一言ですますのは簡単なのですが、今回はどうにもうまくいきません。
「上に上げてもいいんだよ」と、なぜか上にクラブを上げている私です…。おいおい、基本はあくまでもクラブを後ろに持っていくこと。その過程もしくは、結果的に上に上がるのは当たり前、というのが基本だというのに。ぐいぐい上に上げているようです。そのせいか、まともなボールはほとんどなく…。
悲しいなぁ。この前はもう少し調子よかったのに。
5球中まともに飛ぶのはゼロ。100球近く打って、いい感じだったのは5球くらいですかね。わずか5%…悲しい精度ですね。頼むよゼクシオ君。優しさはゼクシオのDNAじゃなかったのか。
クラブのせいにする、素人ゴルファーの極みのような感想です。
なんでダメなんだろう???

ほかのクラブで気分転換

アイアンの練習に励みながら、アイアンに近いクラブであるユーティリティのグローレ君の出番です。
ピシーン
ええやん。当たるやん。落ち込んだ心から、思わず関西弁で呟いてしまいます。
5球中4球ばっちり。残りの1球もまぁまぁの合格の一発です。上手くなったと勘違いさせてくれるやさしいあたりです。

ついでにドライバーのビッグバーサ君も火を噴きます。真っ直ぐに飛ぶ、もしくは芯に当たったいい音を響かせてくれます。いやはやこの2本は調子がいい!

なんでこの当たりがアイアンでは出ないのでしょうか?



理由は???

なぜアイアンだけダメなのか?
理由は全くわかりませんね。まぁわかったら、このブログやってませんから、当然と言えば当然ですが。
ただ、バックスイングでゴルフクラブを後ろへ、という点が不充分なんだろうという感じはします。自分自身のスイングとして体が覚えてないんですよね。覚えさせるためには練習あるのみ。なんですよね。


この2つの画像を心に刻み、しばらくはアイアンとの練習に時間を割きたいと思います。
練習場では、冷静に分析できませんでしたが、おそらく左手をしっかり後ろに回すことが重要なんだろうな…と、今この写真を見て思いました。左手を肩と水平に後ろへ。ゴルフクラブはやや上へ。これが基本なんだろうと。
さぁ、練習頑張ろう。寒くなってきたので、怪我をしない程度に頑張って練習に励みたいと思います。