ドラマ12Monkeys(12モンキーズ) シーズン4のラスト(ネタバレ注意)

アメリカドラマ 12モンキーズ

以前見て気になっていた映画「12モンキーズ」
はっきり言って少し難解な映画で、ストーリーを充分に理解できず消化不良を起こしていました。
数年前に改めて映画を見直し、その物語に驚嘆したものです。これですね

正直なところ2時間の映画で描くのは無理な内容だったと思います。ドラマ1クールくらいは必要だろうな、というのが当時の感想です。
若きブラットピットの狂気じみた演技。フロリダキーズ…空港で倒れる自分を見つめる少年…
抒情的なラストに、本当の最後は飛行機の中。うーん深いですね。

そんな12モンキーズのドラマ版がAmazonプライムで視聴可能!
ということで早速見始めました。
これからネタバレあるのでご注意を。未視聴の方はこれ以上は自己責任でお願いします。



面白い!シーズン1

ジェームズ・コール、ゴインズと懐かしい名前が出てきて古くからのファンを楽しませてくれます。

ストーリーの基本は映画と同じ。ウィルス感染症の拡散で全世界の人々は全滅に近い状態。一部の生き残った人間がタイムマシンで過去に戻り、ウィルスの拡散を食い止める…というもの。
うーん、懐かしくもワクワクします。

ライリー医師の立ち位置は映画と少し違います。
感染症を食い止めるべく病因をさぐるCDCの医師。そしてウィルスの根源を未来に居るジェームズらに伝えた医師でもあります。

そのためジェームズは過去のライリー医師に会うために過去に来たのです…。
うーん、本当にわくわく。12モンキーズとは何か…謎は深まりストーリーは進みます。

原因とされる人物を殺しても、なぜか歴史が変わらず…
ウィルス感染症テロを実行すべく暗躍する12モンキーズの一味。その謎をさぐるため試行錯誤。命を狙われそうになるも…

とシーズン1は楽しく過ごしました。

そして結論から書きます。
シーズン2はやや退屈です。シーズン3はもっと退屈です。あぁ時間を返せ!と言いたくなるくらいに



ラストはいいぞ!シーズン4のラストは見るべき!

多少見どころはあるのですが、正直なところシーズン2とシーズン3(特にシーズン3)は、タイムトラベルが更なる伏線を作り、伏線が伏線を…というパラドックスに陥っているように感じました。
なんだかなぁ、と。

他の方の記事を見ると、もう少し続く予定だったのですがシーズン4で打ち切りになったようですね。

でもそれがよかった。
シーズン4でラストよかった。
ちょっとずるいけど、概ね伏線も回収したことになっているようだし。個人的には好きなラストです。

だから頑張って最後まで見てほしい。ので、正直書こうと思っていたネタバレは、書きませんでした。

ラストをひと言で書けば「ハッピーエンド」です。

あとはドラマ見てください。シーズン1とシーズン4の最後の4つくらいでも話がつながりそうな気もしますけど…

ぜひドラマをお楽しみください。