練習強化月間!その4 痛いのは右脇。追記あり

練習強化月間、その4

練習には通っています。しかし、今回は
痛い

無茶苦茶痛くなってしまいました。
寒かったせいか、はじめに持ったドライバーを軽く数回振り、いざ練習!と10球ほど打ったまではよかったのです。その後現在の最大のテーマ&目標としているグリップ変更を意識して、アイアンをもって素振りしたところ、
痛い
以前より記載していた通り、体部中心測から徐々に痛みが移動して、右脇の下あたりに痛みの場所が移動していました。このまま痛みはフェードアウトしてくれるかな?と淡い期待を胸にしていたのですが、ガッチリ痛みが復活しました。
グリップの変更で力が入り、さらに変な力が入りで、再発してしまったのでしょうか?



痛みの中心は(たぶん)右脇

アイアンをもって痛みが再発したので、じっくり痛みの場所をピンポイントに指圧して確認します。
右の乳首の下5cmほどの高さ。横幅は、乳首の下あたりから、ほとんど脇の下あたりまで。結構広範囲に痛いです。表面上は何も異常はありません。安静にしていれば痛みはなく、寝っ転がろうと体を横にするときや、大きなくしゃみなどでも痛い…。また一時的に改善傾向であったものが、運動で悪化。明らかに筋肉系でしょうね…。と自己判断。
シップがどこまで効果あるのか微妙ではありますが、シップ位しか積極的な治療はなかろうと、シップをして安静に過ごしています。
1日経過くらいで痛みの範囲は徐々に狭くなっており、どうやら痛みの本丸は脇の下近く、と判明しました。初めに痛いと感じた場所から20cmくらい違う場所が、どうやら痛みの元のようです。このままシップで何とか痛みが引いてくれればよいのですが、練習強化月間を断念することも考慮に…と様子をみたいと思います。
なにしろ今回は行って早々に痛みが強くなったため、30yアプローチでボールを消費したもので…。それでも痛みを耐えながらであったために、泣きが入っている状態です。
この記事自体、痛みであまりに練習できなかったので、ゴルフ練習にについて書けない状況なんです。



なぜ痛くなった?

なまった体に、ゴルフスイングがきつかったのでしょうか…。情けないものです。
ネットで調べると、右脇「腹」痛という言葉が多いように感じます。私の場合は、腹じゃなく、胸の位置なんですよね。肘より10cmくらい上、乳首の下というかんじなので、肋骨まわりの痛みであることは間違いないと自己判断しています。
でも、そうなると「骨折」なのか?いやいや、骨折ほどの痛みではない。日常生活では横になるときに痛みを感じる程度で、基本的に痛みはなし。押すとやや痛い。しかしゴルフクラブをもってスイングしようとすると痛みが出てくる。困ったものです。
筋とかだと勝手に思っており、なんとかシップで直す。少し練習をお休みすることも考えるか…と思案中です。
近く練習に行って、またしても悪化するようであれば、練習強化月間から練習休暇月間にするしかなかもしれません…悲しい。




—————–

11月14日 追記(さらにその後にも追記)

今朝シップを貼ろうとよく見たら、直径1cmくらいのあざを脇部に発見。
あざ、すなわち内出血。あざができるほど右脇をぶつけた記憶はなく、また症状的にすでに2週間経過していることを考慮すると、打撲でのあざは考えにくい。
となると、肉離れか…。発症がこの記事に書いた激痛の日。そして3日後くらいに体表にあざが出現することは、可能性としてありうる。
すると肉離れなのか…。急に痛みが強くなってきました。

その結果を、練習強化月間その5 休養明け試し練習にも記載しましたが、結局約2週間の休養を追加して痛みが治まりました。
トータル約4週間…。個人的な診断では肉離れ。まったくびっくりでした。肉離れなどは、休養以外に治す手段がなく…。

年齢と生活習慣(飲酒など)を含めて考えれば、痛みが取れるまで最悪1か月程度覚悟する必要がありまそうですね…。