カーリング混合ダブルス フジヤマ優勝!

さすが、というべきかオリンピック出場組の藤澤五月選手と山口剛史選手組が優勝しました!
おめでとうございます。
大会前にここに記載しました(カーリングロスの皆様へ LS北見の選手が帰ってくる!ミックスダブルス開幕!)が、やはり精度の藤澤選手とパワーの山口選手の組み合わせが強かったですね。

山口選手の雄たけびや、声のスイープ、そして藤原選手の冷静なショットと指示。とてもよいチームでした。
中継してくれたAbemaTVさん、ありがとうございました。楽しく拝見することができました。

このサンスポさんがつけた「フジヤマ」という名称いいですよね。使わせていただきます。




カーリングの日本混合ダブルス選手権最終日は18日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで行われ、平昌冬季五輪女子で銅メダルを獲得したLS北見のスキップ藤沢と同五輪男子代表のSC軽井沢クの山口が組んだ日本協会推薦出場ペアが決勝でチーム平田に9-2で大勝し、初優勝した。4月にスウェーデンで開催される世界選手権の代表に決まった。

藤沢、山口ペアは1次リーグから8戦全勝。決勝は同じく推薦出場でSC軽井沢クの平田と中部電力の北沢が組むチーム平田を寄せ付けず、第1エンドから3エンド連続で得点して逃げ切った。

LS北見とSC軽井沢クの選手で組むペアの対決となった準決勝は、吉田知、清水組を10-7で下した。吉田知、清水組は3位決定戦でチーム北村を11-4で退けた。

この両名は日本代表として、4月にスウェーデンで開催される世界選手権に出場します。世界選手権でも「フジヤマ」がんばれ!

スウェーデンといえば、吉田知那美との涙の抱擁を思い出します。一緒にいた藤澤選手も、再会が楽しみなのではないでしょうか。
戦う相手でもあるが、お互いに尊敬している感があり…。とても記憶に残るシーンです。年間ベストシーンの一つをもう一度。



混合ダブルス 平田・北澤ペア

今回の決勝の相手は、チーム平田(平田・北澤ペア)でした。

平田洸介選手は、SC軽井沢クラブの一員として平昌オリンピックに行きました。しかしリザーブの選手であったため、出場はできませんでした。
一方の北澤育恵選手も、中部電力チームの所属でオリンピック出場が叶わなかった選手です。
その気持ちもあってか、このミックスダブルスでは快進撃を続け、堂々決勝戦に進出してきました。プレーぶりも気持ちが載った感があり、お互いに必死にスイープして協力しあっていました。見ていてとても気持ちのよいチームでした。

残念ながら、決勝では負けてしまいましたが、国内において、またチーム内において切磋琢磨するライバルがいるのはよいことです。
まだ若いお二人。これからです。ぜひ頑張っていただきたいと思います。特に北澤選手のショットはかなりのものではないか、と素人ながら感じる技術があるので、ぜひ大きく伸びてほしいところです。



LS北見 大将本橋麻里の出番か!

そして、LS北見はオリンピックの活躍もあってか、海外ツアーに出場します。
日程的に、混合ダブルス世界選手権と重なるようです。

平昌五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見が4月にワールドツアーの2大会に出場することが17日、分かった。4月10―15日の「プレーヤーズ・チャンピオンシップ」と同24―29日の「チャンピオンズカップ」に招待されたことを関係者が明かした。ともにカナダで開催される。

チームとして五輪後初の海外遠征となるが、メンバーに関しては流動的。日本混合ダブルス選手権に、日本協会の推薦枠でリードの吉田夕梨花、サードの吉田知那美、スキップの藤沢五月が出場。吉田夕は敗れたが、吉田知と藤沢は準決勝に進出した。同大会で優勝すると、混合ダブルスの世界選手権(4月21―28日、スウェーデン)の代表に選ばれる。

 世界選手権は「チャンピオンズカップ」と日程が重なるが、LS北見勢に代表辞退という考えはなく、チームの遠征よりも世界選手権を優先する。先に行われる「プレイヤーズ・チャンピオンシップ」への帯同も未定。藤沢か吉田知が代表入りした場合、チームはレギュラーを欠いてツアーに臨むことになるが、五輪で出番のなかった控えの本橋麻里がフル回転するとみられる。

カナダへ、遠征。
世界選手権は「チャンピオンズカップ」と日程が重なるが、LS北見勢に代表辞退という考えはなく、チームの遠征よりも世界選手権を優先する。チームはレギュラーを欠いてツアーに臨むことになるが、五輪で出番のなかった控えの本橋麻里がフル回転するとみられる。
LS北見をここまで導いた、本橋麻里選手。

「選手交代!代打 俺」


これが見られるとは…。混合ダブルスの平田選手同様、オリンピックを陰で支え続けた本橋麻里が、うれしい反面悔しさも大きかっただろう本橋麻里が、いよいよ登場か!いやはや、この情報だけで胸が熱くなります。
いよいよカーリングのど変態本橋麻里が出場しますよ(カーリングロスの皆様へ 五輪終了後の本橋麻里と女子カーリング(LS北見))。

ぜひ見てみたいですね。黙々と一人ストーンを投げリンクやストーンの情報を選手たちに伝えた、チームの設立者。これほどの感動的な状況もないのではないでしょうか。
がんばれ!本橋麻里選手。こんどは選手としてチームの大親分が満を持して登場を期待します。またテレビ放送ないかなぁ。見てみたいですね。
がんばれ!