ダメな組織だと思ってはいましたが


相撲協会というのは、本当にダメな組織なんですね…。以前も書きましたが(貴乃花と白鵬と日馬富士 大相撲悪いのはどっち?)、冷静に事実を判断していけば、誰がどのくらい悪いのか?一目瞭然だと思うのですが…。
こういうことを平気で行う組織は…。一応ニュースソースをどうぞ。

元横綱日馬富士関の暴行事件で日本相撲協会は4日午前、東京都墨田区の両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45)=元横綱、本名花田光司、東京都出身=の理事解任決議を審議し、全会一致で承認した。理事の解任は相撲協会で初めて。

昨年12月28日の臨時理事会で、貴乃花親方の理事から役員待遇委員への2階級降格処分を評議員会に提案することを決議していた。2月に予定されている理事候補選挙への立候補は認められる。

貴乃花親方は協会への報告義務を怠り、被害者で弟子の貴ノ岩関や自身に対する協会危機管理委員会の聴取要請を再三拒否するなど、非協力的だったとして処分対象となった。

事件に関連し元日馬富士関の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は理事を辞任し、役員待遇委員に2階級降格となり、現場の酒席に同席した白鵬関、鶴竜関の両横綱は減給処分を受け、八角理事長(元横綱北勝海)も3月までの報酬を全額返上するとした。

一方、鳥取簡裁は同日、傷害罪で略式起訴された元日馬富士関に罰金50万円の略式命令を出した。

あくまでも私見ですが、貴乃花の違反はあくまでも組織の内規違反です。
日馬富士は暴行の前科者です。白鵬と鶴竜は、暴行犯罪を隠ぺいしようとしていたお仲間です。
いやはや驚きですね。



NHKの問題も大きい


年始早々、少しネットの中で盛り上がっていた話題の一つに、立花孝志(NHKから国民を守る党)の動画があります。この内容が実に興味深い。
芸能界の裏側を赤裸々に告白しつつ、公共放送たるNHKの問題を明らかにしています。そしてNHKと相撲協会の癒着ぶりも告発しています。
その動画がコチラです。



動画の内容を少々

本当は動画の中身をしっかり見ていただきたいのですが、忙しい方のために箇条書きでまとめます。
1.NHK紅白歌合戦に出場できると歌手としては拍がつき、営業しやすい。
2.芸能プロダクションなどが、NHKの芸能部に金&女の接待攻勢を行う。
3.この結果「こいつ誰だ?なんで出ているのだ?」という歌手が出場する。
4.立花氏自身もNHK在職中、お金をいただいたことがあると告白
5.さらに各種製作会社に、水増し請求させ、キックバックを受け取るのが通例。(これで解雇になった者がいる)
6.解雇事件の裏で、制作会社の社員が謎の死。
7.大相撲の放映権料を値上げした(24億円⇒30億円/年)ことを、外部に漏らしたところ立花氏は懲戒処分を受けた。
8.相撲協会との関係については…。
などなど。詳細は動画を確認ください。

私が問題視するのは、NHKが公共放送と言いつつ、公務員でないことです。
公務員でないために、この手の飲食・金銭・女接待でも問題にならないことです。本来であれば、公共料金で成り立っている以上、現時点でもみなし公務員という立場から処罰を受けるようにすべきです。
以前も指摘した(NHKの受信料義務化判決 もう国有化しよう!)ように、毎日新聞の見出しでは「最高裁判決 「受信料義務」追い風」となっており、実質的に税と同じ扱いになりつつあります。

ここまできたら、早く国有化しましょう。そうすれば公務員として、金銭授受や枕接待は当然、通常の飲食でも懲戒処分にできるようにすべきです。
繰り返しますが、早く公務員にすべきです。給料も地方公務員並みで充分でしょう。なぜ、一般人の数倍の給与の数倍も必要なのでしょうか。
立花氏も指摘していますが、お笑いや芸能は民放がやればよい。公共放送として教育などに特化してもよいだろうと。その通りと思います。
相撲は国技だから、というのであれば剣道・柔道はどれほど放送しているのか?
そもそも競馬のNHKマイルカップは冠つけて、賞金出していますが、あれ受信料から捻出しているのでは?なんで競馬だけ?ほかのスポーツは?いやいやNHKの冠つける必要が、そもそもあるのか?
いや~NHKも問題は大きいですね。
早く国営化して、きちんとした放送させるようにしてほしいものですね。