初心者サイクリング クロスバイクは手が痛い。手袋が欲しい。そろそろヘルメットも

だんだん走れるようになってくる~

50歳からでも意外に頑張れるものなんだなぁ~と思っています。
初めは1時間で10kmも走れば充分疲れて、限界を感じていました。しかし、だんだん走れる距離が伸びてきます。

10kmから20kmへ、そして30kmへとだんだん伸びていきます。うれしいものです。
その一方で、スピードや乗車時間の増加などから、どうしても腕や手が痛くなってきます。(お尻も当然痛いですけどね)

頑張っている証拠。と自分に言い聞かせ、買ったのは当然サイクルグローブ。

シマノのサイクリンググローブです。恰好いいですよね。寒くなったら指先もカバーされたものが必要になるのでしょうけど、今は夏。少し指を出して軽快に走りたいものです。




地面の凹凸はどうしても存在します。そしてクロスやロードと言った自転車には、ショックを和らげる機能は当然ありません。サドルにもありませんが、グリップにもありません。

その凹凸を乗りこえる度に発生する振動は、直接体で吸収するしかありません。これが意外にきついんですよね。痔主ということもあり、真っ先にサイクルパンツを購入しました(クロスバイクでサイクリング始めました。 お尻が痛い…サイクルパンツの選び方)。

お尻も痛いけど、手も痛いんです。手のひらも痛いし、手首も痛いし、肘にも疲労がたまる…。
ということで、サイクルパンツの直後にグローブも購入しました。

長距離を走ると、グローブをしていても肘や手首に疲れ(痛み)が出てくるのは仕方ないですが、少なくとも手のひらの痛みは軽減されます。手を守っている安心感もあり、今では必須のアイテムとなっています。
個人的には、比較的長時間乗ってる場合には、このグローブにずいぶん助けられているように感じています。

それともう一つ。日焼け対策にも、とっても効果的。
グローブしている範囲は全く日焼けしていません。日焼け止めを塗っても汗で落ちてしまうので、日焼け防止効果はとてもありがたいです。
肌が弱く、日焼けが軽いやけどになる私にはとてもありがたい存在です。

サイクリングを始めた方、ぜひサイクルグローブも早めのご準備をお勧めします。
だいぶ楽になりますよ(あくまでも個人の感想です)。



ヘルメットも買おう

そしてある程度走るようになったら、当然ですがヘルメットも買いましょう。
だいたい一ヶ月くらい走れば、「サイクリングが趣味になるか?」判断ができると思います。

私が買った順番としては以下の通りです。
1.サイクルパンツ(痛いのは我慢できず)
2.サイクルグローブ(同上)
3.ヘルメット
パンツとヘルメットは「痛み」ということもあって買うのに躊躇なかったおですが、ヘルメットは少ししてからでした。

ヘルメットもピンキリです。サイズや好みもあるでしょうから、ショップに入り
「初心者ですがヘルメット下さい」と言えば、丁寧に教えてくれます。慣れたら自分の好みで買えばよいと思いますが、選び方のポイントなどお店で確認しながら購入すべきだろうと思います。

でもって買ったのはこちら Kabuto REZZA-2

趣味として楽しむことができそうだなぁ、と感じたら早めに購入しましょう。
自らの安全のため、またサイクリングをする者としての嗜みとしても、購入すべきと考えます。

私くらいのクロスバイク&走りで、ヘルメットは大げさかな…と思わないではありませんが、大人の嗜みとしてヘルメット着用で走りましょう。