今現在進行のねつ造問題(佐川宣寿氏証人喚問) 野党とマスコミは責任をとるべき

佐川宣寿前国税庁長の証人喚問

3月27日佐川氏の証人喚問が行われた。テレビ・新聞の報道では、野党の政治家の「疑惑が深まった」という言葉をしきりに報道しているようです。

しかし、そもそも今回の佐川氏を証人喚問を読んだ問題の原点は、
1.財務省の決済後の文書が書き換えられていた。
2.削除された部分に、安倍昭恵夫人の名前や他の政治家の名前が記載されていた。
3.>安倍昭恵夫人が財務省に圧力かけたに違いない。
という想像の理論の結果でした。
そもそも「圧力をかけたのだろう」という見込み捜査でしかなかった。という点が重要です。確固たる証拠はないが、「名前を消したのは圧力をかけた結果、だろう」というのが野党が望んだストーリーでした。
この点をまず整理しておきましょう。



圧力はあったのか?


一番初めの自民党の丸川珠代議員の質疑で、一番の争点はあっさりと終了しました。

財務省の決裁文書の書き換え問題をめぐり、佐川前国税庁長官は、参議院予算委員会での証人喚問で、森友学園への国有地の貸し付けや売却で、安倍総理大臣や夫人の昭恵氏のほか、総理大臣官邸の関係者からの指示や圧力は無く、その存在の影響も無かったと述べました。

圧力はなかったのです。4時間予定している証人喚問の時間は、この段階で終わってしまったのです。

あとの問題は、決済文書の書換えという公務員が行ってはならない犯罪(微罪)を行った理由です。
すでに、「削除された部分の記載が残っていてもまったく問題がない」と私個人も思いましたし、麻生副総理も同じような答弁をしています。つまり削除の有無に政治的圧力はなかったため、あとは国家公務員の文書偽造という微細な問題(国会を空転してまで追求するほどの問題ではない、という意味)のみが残ったのです。

佐川氏自身が述べているように、公文書の書換えは公務員にとっては大きな問題です。今後は国会ではなく司直の手によって正されるべきと思います。



これに対する野党の言葉

これに対する他党の言葉がひどい…。本当にひどい。自分たちが思い描いた説明がなかったからと言って、謎が深まったなどと無茶苦茶です。
野党が望んだストーリーが否定されたからと言って、さらに騒いでいるのです。

立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し、「全く不誠実な答弁で、疑惑はますます深まったと言わざるをえない。改ざんの経緯について、証言を拒否しているにもかかわらず、総理大臣官邸の関与だけは否定するというのは、論理矛盾そのものだ。疑惑は全く明らかになっておらず、売却交渉当時の迫田元財務省理財局長や、安倍総理大臣夫人の昭恵氏も証人喚問の対象になると思うし、関係者を一堂に集めるのも1つの考え方だ。与党側も『これで幕引き』という訳にはいかず、国民の怒りはますます高まると思う」と述べました。

民進党の大塚耕平代表は27日、佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問について「国民の疑問に真摯に答えることを期待していたが、疑惑は深まった」と国会内で記者団に述べた。安倍昭恵首相夫人らの証人喚問実施も求めた。

希望 玉木代表「そんたくに満ちあふれた喚問」

希望の党の玉木代表は記者会見で、「そんたくに満ちあふれた証人喚問だったのではないか。『総理大臣官邸などの関与は無い』と言う一方、誰が指示し、何の目的でやったのかはすべて証言拒否で、核心部分は全く解明されなかった。土地取り引きの適正性などは明らかにならなかったので、迫田元国税庁長官ら関係者の証人喚問を引き続き求めるとともに、衆参両院での集中審議の速やかな開催や、国会に調査特別委員会を設けて真相解明に取り組むよう、与党に呼びかけたい」と述べました。

共産 志位委員長「疑惑の当事者の国会招致を」

共産党の志位委員長は記者会見で、「改ざんの核心部分について、捜査の問題を過剰に強調して答弁を拒否する、不誠実極まるものだった。『総理大臣官邸や安倍総理大臣夫妻の指示が無かった』とくり返したが、根拠を示すことができず、疑惑はいっそう深まった。安倍総理大臣夫人の昭恵氏や迫田元国税庁長官ら疑惑の当事者の国会招致を行い、徹底的な真相究明と責任の追及が必要だ」と述べました。

維新 松井代表「政局と別のところで検証を」

日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事は記者団に対し、「佐川氏は、偽証をすると罪に問われる中、『政治家の関与は無い』とはっきり言っているから、違法な関与は無かったのだろうと思う」と述べました。

そのうえで松井知事は、立憲民主党などが安倍総理大臣夫人の昭恵氏らの証人喚問を求めていることについて、「佐川氏は『違法なことは無い』と言っているわけだから、新たな人の証人喚問は必要ない」と述べました。




維新の松井さん以外は、もう無茶苦茶です。
証人喚問で、政府の関与はない、と断言したにもかかわらず、この状況。さらにこれを煽って報道するマスコミたち。

さらに、与党・自民党からも後ろから打ってくる人間がいます。詳しくは書きませんが、石破茂や村上誠一郎。もう無茶苦茶ですよ。

問題の無いことを問題として、騒ぐ野党。よろこんで印象操作報道するマスコミ。テレビしか見ない人は、安倍さんが悪いと認識し、支持率も落ちているようです。
これは問題のねつ造と倒閣運動と言ってもよいのではないでしょうか。現在進行形の問題ねつ造事件。時がたち平成を振り返るとき、きっとこの危険な状況を思い出すことでしょう。

財務省の文書書換え以上に、問題のねつ造。これは大問題だと思うのですが…。

安倍総理らの退陣させたいがための、倒閣を目的として騒動を行い、この点については何も問題がなかった。この点については、それこそ責任を取るべきです。

別の議論を期待する

もっと大きな問題が発生しています。
世界は大きく動ています。各国の経済制裁により、北朝鮮が中国を訪問しました。
今こそ、拉致被害者奪還への大きな動きができる時です。
公務員の問題は、問題として対処すべきです。粛々と進めればよい話です。
しかし、それ以上に同胞を助けるために国会議員は議論してほしいのです。無実の同胞を助けることこそ、国民の代表たる国会議員の仕事であると私は考えます。

今こそ、拉致被害者を取り返すぞ!