振り向くな君は美しい コンサドーレ札幌

ルヴァンカップ決勝 コンサドーレ札幌惜しくも準優勝

コンサドーレ札幌、素晴らしい試合でした。
失礼ながら、戦力的にやや劣ると思われるチームがルヴァンカップ決勝に残る。そして現在Jリーグ屈指のチームと死闘を繰り広げました。
本当にいい試合でした。

今は勝てなかった悔しさが残っていることでしょう。
しかし、準優勝という結果を胸を張っていただきたいですね。
「振り向くな君は美しい」を送りたい。本当に素晴らしい試合でした。



コンサドーレ札幌



 諦めない心

試合も素晴らしいですが、まずはこのスタジアム。
浦和レッズのホーム埼スタを赤に染めたサポーターの皆さん。この点からして素晴らしい。

真ん中には北海道が浮かび上がるコレオグラフィー(公式Twitterから拝借)。素晴らしい試合の舞台はサポーターが作り上げてくれます。
本当に素晴らしい。これは見事です。

試合は残念ながら延長戦を経てPK戦までもつれ込み敗れてしまいました。
しかし、後半ロスタイムのコーナーキックで魂の同点ゴール!
しびれました。この点をたたき出したのはサポーターの想いである、と私は考えております。

勝負ごとに「もし」は禁句ですが、もし最後のPK戦がコンサドーレ札幌側だったら、結果は違っていたのでは…
と私は想像しています。選手・サポーター一丸となった「勝利・優勝」への想いが本当に素晴らしい試合となりました。

本当に胸を張って帰ってほしい。これからコンサドーレ札幌は間違いなく強くなる。そう確信した試合でした。



情けない 川崎フロンターレ

コンサドーレ札幌に対して、申し訳ないのですが川崎フロンターレには個人的にがっかりです。(まぁ鹿島に対しても同様ですけど)

初優勝までは、川崎フロンターレを応援していた私。以前こんな記事を書いたこともあります。「川崎F 優勝おめでとう!
昔はACLでも頑張っている印象があったのですが…。もう駄目ですね。

Jリーグを連破して、次なるステップはACLのはず。
しかし、ACLでは足踏みをする川崎フロンターレ。おいおい、また井の中の蛙チームかよ。委縮してるじゃないか!それでは日本代表にはなれない。
そりゃACLは大変ですよ。アウェー戦の過酷さは、国内のぬるま湯状態とは全く異なります。

しかし、その過酷なACLで勝ち進めないと日本のサッカーは強くなれません。
国内リーグで勝てたら、次はアジア。このサイクルができることが日本代表を強くする道でもあります。
国内リーグを制覇したら、ACL制覇を見据えてしっかり勝負する。これが強豪クラブのすべきミッションです。

まぁ浦和という、ACLに全振りでJ2落ちの可能性すらある…というのも、いびつではありますが。
それでも浦和はACL3度目の制覇に向けて死闘を繰り広げています。

アジアで勝ったチームはジュビロ磐田、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、そして浦和レッズの4チームしかありません。
川崎フロンターレはこれに本気で挑戦すべきだった。国内タイトルで喜んでいるようでは、ダメですよ。
残念ですが、もう無理でしょう。チームのピーク時にACLを本気で勝負すべきでしたが、もう遅い。

コンサドーレ札幌よ、川崎フロンターレなんざ早く抜け!この試合の魂を持ち、リーグ制覇し、ACLの舞台へ進むのだ。
アジア制覇の5番目のチームにあんることを祈っています。

そして、浦和レッズ。ACL制覇目指して頑張れ!