久しぶりのゴルフですから

1年ぶり2回目のゴルフは、121でした。まぁ上々な仕上がりというところではないでしょうか。
20年ぶりに行ったゴルフは160、それから本を読み、多少は練習して2回目が121。よしよし、という感じですね。2回目のゴルフで100を切ろうなんて甘い甘い。
と自分に甘く評価をつけておきたいと思います。



月に一度、もしくは2月に一度は行きたいところ

練習場とゴルフ場は別物です。練習場に行くのは基本的な練習として必要ですが、やはりゴルフ場でないと体験できないことが多いです。
その意味では月に一度はゴルフに行くべきなんでしょうね。

1年ぶりのゴルフ場。そりゃテンパります。慣れていない場所というのは、どうにも緊張が違います。緊張していないつもりでも、緊張しているもんです。
仲間といても、ゴルフは基本一人で打つ。しかも静止して打つという、緊張感の高いスポーツです。練習場ではなかなか味わえない緊張感です。
テンパりを防ぐためには、練習も大切でしょうが、場数勝負という点も否めません。できるだけゴルフに行くべきでしょうね。

そうは言ってもなかなか行けない。
そこで重要なのは「ルーティン」ですね。
ルーティンといえば、この方五郎丸選手。同じポーズはゴルフでは難しいですけどね。



個人的なルーティン

下手な人間のルーティンを紹介してもと思いますが一応。
1.構えてゆっくり深呼吸
2.息を吐ききってから、ゆっくり息を吸いながらゆっくりスイングスタート
3.右手を岡持ちにすることをイメージ(前回の「週末に1年ぶりのゴルフ 晴れるといいなぁ」より今回の独自テーマ)

としています。息はどちらがよいのか、わかりません。深呼吸→息を止めてor深呼吸→息を吐きながらスイング開始も試してみました。どうにも力が入るor緊張するor息が苦しいような感じで今一つでした。
そのため、深呼吸→息を吸うとしています。この辺は自分にあった形がよいのではないでしょうか。(と偉そうに言ってました)

ダークサイトに気を付けよう

今回の成績(out65,in56)は、前半の立ち上がりがまったくダメでした。
ドライバーは当たらないどころか、練習場ではめったに出ない左に引掛けを連発。まともなあたりは一発だけ。
ユーティリティは2回連続で大シャンク。右90度近い弾道は使いようが無く、おかげで1日封印しました。
アイアンのゼクシオ君だけが多少はうまく当たってくれて、なんとか65。
もうゴルフ嫌だ!とダークサイトに入りかけていました。
午後に入って一ホール目で、OB3連発。終わった…。帰る…。シス卿にお出迎えを受ける寸前でした。




好転したのは、その後。不甲斐なさに開き直って午後の2ホール目を打った時のことです。ちょっとしたことに気が付いたことです。
グリップ強く握りすぎ
あ~これだったか。上手く打てない理由。基本の基本、ゆるゆるグリップができていませんでした。グリップをきつく固く握ってしまっていたため、全体の動きが悪く、当然しっかり当たらない、という悪循環に陥っていました。
ゴルフ場という空間に慣れていないことから、普段できることができなくなっていたのです。スポーツを語るうえで、もし、は禁句ですがこのことに気がついた残り8ホールで計算すると、ダブルボギーよりもよいペースで回っていました。このペースなら110を切れた可能性もあったのです…。
これが初めからできていたらなぁ。後悔先に立たず…とはこのことでしょう。

先にも記載しましたが、ある程度ゴルフ場でラウンドすること。やはり上達のためには、このことも必要なんですね。

今回の反省として
1.ルーティンをもう少し考える(チェック項目を入れるか?)
2.セルフチェックがもっと早くできるようにしないと…。
という点が挙げられると思います。

それでも、ゴルフ嫌いだ!という、ダークサイトに入らなかっただけよしとしますか、という感じです。
1週間くらいは体の疲労をとって、その後はもう少しがんばって練習ですね。ダブルボギーペースくらいからが、本当のゴルフの面白さでしょうから、頑張りますよ~。