以下は、冗談もしくは都市伝説として記載したい。あくまでも個人の想像の遊びである。そのつもりでお読みいただきたく。


前回の記事→ジャーナリスト?安田純平さん いくつかの謎1

2.なぜ心身に大きな問題がないのか(体力編)

もう一つの大きな謎である。
「心身ともに大きな問題がない」のは、なぜなのか。

通常、拘束されているだけで大きなストレスになる。それは想像を越えるストレスであり、日本の拘置所で数年過ごした死刑囚も、数年で歯が抜け落ちたとされてる。

(中略)
最後に会った昨年6月には歯が抜け落ちてしまっていた。(中略)

安全が保障されている日本国内ですらこの状況である。
ましてや海外、しかも内戦中のイスラム社会である。殺される可能性、敵対勢力から施設自体が攻撃される可能性など、不安定な状況は国内の比ではない。不安定さによるストレスも想像を絶するレベルであったと想像する。

それでも心身共にに大きな異状なく過ごすことが可能なのだろうか。



過酷な環境からの解放

状況の過酷さを報告する記事がある。以下もその一つである。

内戦下のシリアでイスラム過激派組織に拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が、25日午前2時(日本時間同日午前8時)ごろ、トルコ・イスタンブールから空路で帰国の途に就いた。安田さんは機内で断続的に朝日新聞記者の取材に答え、拘束中の日々を振り返った。

(おことわり)原則として安田さんの言葉に忠実に掲載しています。話の順序については一部再構成しました。

【今の心境】

自由になれたのは本当にうれしい。筋肉がすっかり落ち、非常に疲れやすくなった。特定のどこかがどうというわけではないんですが、体力が極度に落ちてしまっている。事実上、虐待状態がずっと続いていた。精神的な負担もかなりありました。拘束前と今とでは体(の状態)が全く違う。

――戻ったらやりたいことは? ジャーナリスト活動は続けますか?

3年間まったく情報がないので何もないです。日本で何かやれたらいいですけど、まったく何もない。浦島太郎なので。

家族と話をしたいとか、友人と会いたいというのはある。あとは日本の中をいっぱい見て回りたい。せっかく日本に住んでいるのに全く日本のことを知らない。日本から離れるたびに日本のことが好きになる。食べたいものも、たくさんある。魚介類からスタートしたい。

――会見はしますか?

しなければいけないと思っている。1回、まとめて対応させていただきたい。20日間も絶食していて、何カ月も身動きしていない。かなりぼろぼろの部分もあって、体全体が極度に弱っている。影響をチェックした方がいいと思っている。

(略)

安田さんはジャーナリストだ。
朝日新聞はどうだろう。一応報道なのだろう。本当のことなんだろうと思う。

前述は、朝日新聞のwebからの引用である。
解放され保護されて何日後に飛行機に乗ったのか?不明であるが、果たして20日間の絶食後、短期間でここまで回復するだろうか。

そして、この後日本に到着後、手すりに摑まることなく介助も必要せずタラップを降りる。

20日の絶食と何カ月も身動きしてない者が、こうも体が回復するものだろうか。私個人はそれはありえないと考えている。

それとも何かの情報が間違っているのだろうか。以下が、実際の映像である。

【ナニコレ珍百景】テレビ朝日、「安田純平さんは、長い監禁生活でかなり痩せ、体力も落ちている」とアナウンサーが紹介する映像の中で、よろめく事もなくしっかりとした足どりで階段を降りる安田さんの姿を放送してしまう




実は、情報が間違っている、であると私は考えている。
でないと、どうしても辻褄が合わないのだ。

テレビなどでよく引用された8カ月の狭い独房(1m×1.5m)のような生活は、当然であるが手足の動きが極めて悪くなり麻痺などの原因となる。回復には数カ月要するだろうし、より劣悪な環境であれば年単位でないと回復は難しいであろう。

よしんば若さでこの時の障害から回復していたとしても、解放直前に20日も絶食していて、これだけ軽快に動けるとは思えない。設備のある施設で数日間は入院加療しないと回復できないだろう。

様々な虐待に近い環境下で、本当にこれだけの回復ができるのだろうか。

3年におよぶ拘束。しかも終わりが決まっておらず、心がすさんでいくだろう。そのストレスは重大である。拘束されている施設や環境によっては、視力・聴力などの感覚能力、手足の関節、内臓に大きな影響があったと思われる。

特に、生きるという点では軽視されがちな皮膚や歯の健康は、大丈夫なのか。今のところ情報はない。大丈夫であることを祈るばかりである。特に歯は、人によっては大きな影響を受けることを前述した。

これらの情報を踏まえて考えてみると、何かの情報が間違っているのではいか。本件において他の重要な検討すべき点が抜けているのではないか。と考えてしまう。

本当のところは何か?ご本人もジャーナリストと称している以上、いずれきちんと話をしてくれるだろう。

次に心の部分について、次回に書いてみたい。